« 20年間磨き方を維持しているのはすごいですね。常に伝え続けているということですね | メイン | 「口腔健康管理」 専門的処置と自己ケア »

2018年9月27日 (木)

男性の歯科衛生士もいる

 なお、「女性の職業」という印象が強い歯科衛生士ですが、最近は男性も少しずつ増えてきました。以前は歯科衛生士法で女性だけの職業と定められていたのが法改正により、男性も歯科衛生士の資格を取得できるようになりました。根管長測定器

 

 私が知っているだけで男性の歯科衛生士は3人いますが、みなさん、勉強熱心です。ちなみにそのうちの1人とは勉強会で会ったのですが、最初は女性と一緒にいたので、歯科医師だと思っていたのです。聞くと逆で、女性のほうが歯科医院の院長でした。

 

 このように、歯科医師の世界は男女の区別がなく働きやすいところです。歯科衛生士についても、やる気のある男性にはどんどん、参入してきてほしいですね。根管治療機器

 

 最後に、最近では歯科衛生士や歯科助手のほかにも、看護師や保育士、さらにデンタルコーディネーターと呼ばれる職種を置く歯科医院も出てきています。

 

 保育士は患者さんのお子さんなどを預かる役割、看護師はインプラントや歯周病で行う骨再生の治療などのために血液採取を担当することが多いですね。看護師は同時に歯科助手も兼ねていることが多いようです。

 

 デンタルコーディネーターは歯科医師に代わり、治療の詳細を患者さんに説明する役割を担います。

 

 職種や名前は名札に明記されているのが一般的です。また、待合室やホームページなどに紹介されていることもあります。

 

 主治医が他のスタッフにバトンタッチする場合は、「歯の清掃ですので、歯科衛生士の◯◯に交代します」

 

 という具合に説明があってしかるべきですが、それがない場合は、「どんなことをする専門家なのですか?」と遠慮なく聞いてみてください。

 

 口の中の治療は自分でみることができない分、不安を感じやすいことは確かです。疑問を解消することで、ぜひ、安心して治療を受けてほしいと思います。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13855.html

コメント

コメントを投稿