« 宮原氏によると、歯科医院の患者で自由診療を受けているのは約1割 | メイン | ぶつかって前歯が抜けた!どうしよう… »

2018年6月13日 (水)

ひと昔前は、ブラケットもワイヤーも金属が主流でしたが、歯の表側にブラケットをつける方法では、セラミック素材が人気

  セラミックは歯の色と同じか透明なので、金属製より目立たないからです。裏にブラケットをつける方法は、大きく口を開けない限りまず見えませんので、金属のブラケットを使用します。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

 治療期間が早いのは、表側にワイヤーを通す方法です。続いて裏側にワイヤーを通す矯正法。あくまで私の見解ですが、マウスピース型矯正装置では完璧な治療を行うことが難しく感じているので、私のクリニックでは、マウスピース矯正を行う場合は、その前後にワイヤー矯正も行っています」 エアーコンプレッサー

 

 年齢が高くなればなるほど歯は動かなくなっていく。その分だけ、矯正には時間がかかるのが普通だ。

 

「むしろ歯が早く動きすぎるときは要注意。歯周病の可能性があります。40代を過ぎると歯周病が増えますから、歯周病の治療や完璧なクリーニング、口腔ケアを行ってから矯正に入りましょう」

http://teeths.asukablog.net/未選択/日本では、保険ですべて治療したい患者が多い

コメント

コメントを投稿