« 血液型によって死亡率が2倍以上に? 東京医科歯科大の研究チームが発表 | メイン | 日本人が口腔ケアに関心が低いワケ »

2018年6月28日 (木)

商船三井/ガーナ共和国での感染症研究を支援

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)が20%出資するT.E.N. Ghana MV 25 B.V.社(以下「MV25社」)は2018年5月18日、東京医科歯科大学がガーナ大学附属野口記念医学研究所共同研究センター(以下、「野口研」)で実施する感染症研究を対象にした寄付金25万米ドルを東京医科歯科大学に提供しました。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

MV25社は、ガーナ共和国西部の沖合約60kmに位置するDeepwater Tano地区のT.E.N.(註1)鉱区のオペレーターであるTullow Ghana Limited社向けに、FPSO(註2)1基のリース及び運転・保守点検等のオペレーションサービスを提供しています。同国前大統領にちなんで"FPSO Prof. John Evans Atta Mills"と命名された本FPSOは、水深約1,500mの海上に係留され、2016年から原油および天然ガスを生産しています。MV25社はこうした事業を通じ同国の産業育成に寄与すると共に、同国と日本との友好関係の強化や、同国の発展に役立つ社会貢献プログラムを模索してきた結果、今回の寄付金提供に至りました。エアーコンプレッサー

 

ガーナ共和国は野口英世博士が黄熱病研究の途上で客死した地であり、野口研は日本と西アフリカの医学交流拠点として重要な役割を担っています。商船三井はMV25社を通じて両国の医学研究の懸け橋となる拠点における研究への寄付金を提供し、日本とガーナ共和国の更なる関係強化と、医療研究の発展に貢献していきます。

http://teeths.asukablog.net/未選択/小児がんサバイバーは退院後も長期的な支援が必要と言われています

コメント

コメントを投稿