« 口呼吸で「汚口」に!?歯科医師が教える「汚口習慣」6つ | メイン | 歯と口の健康週間、保育園で歯みがき指導(岩手県) »

2018年6月 4日 (月)

医療費は2040年度まで増加、最大の要因は高齢者増【医療の現状】

Q:政府は消費税率を2019年10月に10%へ引き上げ、医療や子育て、教育無償化などに要する「社会保障費」の財源に充てる計画ですが、高齢化に伴う社会保障費の負担増に直面する国家財政へ与える影響は?家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

A:政府予算のうち、税収と国債などが歳入となる一般会計の歳出総額は、2018年度に97兆7128億円(図1参照)と6年連続で過去最高額を更新しました。最大の要因が高齢化に伴う「社会保障費」の増加です。一方、国債の発行による借金の収支を除いた基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)は赤字が続いており、政府は「財政健全化」の名の下、2020年度のPB黒字化を目指していました(社会保障費については「社会保障費33兆円、社会保障給付費114.9兆円【医療の現状】」などを参照)。エアーコンプレッサー

http://teeths.asukablog.net/未選択/しかし、日本歯科保存学会では、アマルガムは無機水銀な

コメント

コメントを投稿