« スマホやテレビを使うことが、すべて悪い影響を生むというわけではないということですか? | メイン | 大きないびきは要注意…病気のサインかも! »

2018年3月22日 (木)

慶応、慈恵、日本医科の「私立御三家」

 一方、研究至上主義が支配した帝大に対して、臨床医の育成を目的に設立されたのが慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学、日本医科大学のいわゆる「私立御三家」です。とくに東大出身ながら母校の教授と折り合いの悪かった世界的な細菌学者・北里柴三郎を初代の医学部長・病院長として大正6年に設立された慶應大学医学部は、現在でも何かと東大に対抗意識を持っています。これらの大学は、多くの優れた臨床医を育成してきました。歯科研磨機

 

 次に、大正期の大学令公布にともない、戦前に旧制医学専門学校から医科大学に昇格した「旧制医科大学」があります。このうち、千葉大、金沢大、新潟大、岡山大、長崎大、熊本大は「旧六(旧六医大)」と呼ばれ、各地の基幹病院を関連病院にして地域で影響力を持ってきました。歯科電解研磨機

 

■戦後に新制大学に昇格した「旧医専」グループ

 

 その次に来るのが、旧医学専門学校から戦後に新制大学に昇格した「旧医専」です。第二次世界大戦中に医師を増やすために設立された国公立の医学専門学校や、古い歴史がある私立の医学専門学校、女子医専などがこれにあたります。国公立は弘前大学、横浜市立大学、信州大学など19校、私立では岩手医科大学、東京女子医大、大阪医科大学、久留米大学(福岡)などです。

 

 旧医専の特徴は、とくに私立大学で開業医になる人が多いことです。久留米大学卒業の医師によると、「地方では定年を迎えるとポスト(働き口)がないので、同級生の間では賢い人ほど早く開業する」と話していました。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13476.html

コメント

コメントを投稿