« そして今年は市歯科医師会100周年…本山智得の「お口のケアで元気な広島っ子! | メイン | 平成 30 年度 歯科医師臨床研修指導医講習会(プログラム責任者講習会) »

2018年2月23日 (金)

初再診料、基本的技術料など一定の引上げを評価  三師会、中医協答申で合同会見

    日医、日歯、日薬の三師会は2月7日、平成30年度診療報酬改定が中医協で答申されたことを受けて、日医会館で合同記者会見を開催した。会見には、日歯から堀憲郎会長、中医協委員の遠藤秀樹常務理事が、日医から横倉義武会長らが、日薬から森昌平副会長らが出席した。歯科研磨機

 

 会見で堀日歯会長は、30年度診療報酬改定に対する日歯の基本スタンスや重点課題など、これまでの取り組みを説明。その上で、同改定における歯科のポイント数点を挙げ、基本的な技術料評価については、「十分な財源がないことから、あるべき評価には及ばないが、60項目を超える既存技術の評価見直しがあった。このことは最終的に臨床現場で、国民により安心・安全な歯科医療提供として還元されるものと考えている」と述べた。また、歯科だけが初再診料を低く評価されている問題について、「これも十分ではないが、一定の引き上げがなされたことは評価したい」と述べ、今後も段階的な対応を求めていく考えを示した。歯科電解研磨機

http://teeths.fukuokablog.jp/e13429.html

コメント

コメントを投稿