« 後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について | メイン | 欧米の診療スタイルを取り入れた国際水準の歯科医院 »

2018年1月 3日 (水)

「湯たんぽ療法」のポイント&方法は?

 痛みを招く冷え・筋肉の凝りを取り除いて血流を促すために、班目医師が指導しているのが「湯たんぽ療法」。湯たんぽを使って体を温める習慣だ。歯科研磨機

 

■湯たんぽ療法のポイント

○容量が2リットル以上の湯たんぽを使う。歯科電解研磨機

○80℃以上のお湯を湯たんぽに入れる(沸騰したお湯が望ましい。火傷に注意)。

○湯たんぽの素材はどんなものでもかまわない(ただし陶器製は入れたお湯が冷たくなりやすい上、割れる危険もあるのでお勧めしない)。

○おなか→太もも→お尻→二の腕の順番で湯たんぽを移動させる。

○1つの部位につき湯たんぽで温めるのは3~10分。汗をかく前に次の部位に湯たんぽを移動させる。

○湯たんぽはお湯をこまめに取り換えて1日中使う。外出するときは携帯用の着火式カイロを利用し、お尻までカバーする下着や毛糸のパンツなどでお尻を保温する。

 

■湯たんぽ療法の方法

①おなか:椅子に腰かけ湯たんぽを両手でお腹に抱えて温める。

②太ももの前面:湯たんぽを太ももに乗せ、ときどき位置をずらしながら膝から太もものつけ根まで温める。

③お尻:湯たんぽを椅子の背に立てかけて腰からお尻までを温める。

④二の腕:テーブルなどの上に湯たんぽを置き二の腕の裏側を当てて温める。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13278.html

コメント

コメントを投稿