« 被災ストレス、歯に負担 熊本市の歯科医師学会報告 | メイン | 台湾最高裁、歯科医師に母親への「養育費」返金命令 »

2018年1月15日 (月)

三浦半島でハイエンドな高齢者施設(有料老人ホーム)の開設も将来構想にあると聞きました

 「新附属病院では、医科歯科連携を推進するとともに、高齢者の診療に重点を置いたセンターを開設しました。口腔と全身疾患、口腔状況と認知症を一体でケアできる体制を整えています。ここで蓄積したノウハウを活用することで、付加価値の高い施設を誕生させることができます。ペットとの共生なども打ち出せるかもしれません。国内では看護師や介護士の不足が懸案となっていますが、外国人労働力としてベトナムから看護師の留学生を迎えており、この分野の人材づくりにも着手しています。未来を戦略的にデザインしながら、準備を進めています」  歯科研磨機

 

 ─最後に直近の取り組みも聞かせてください。

 

 「新附属病院の1階スペースは4月を目途に、一般利用できるカフェを開設します。障がい者雇用の場としても機能させ、市民交流が進むことを願っています。空間スペースに若手芸術家の作品を展示する院内ギャラリーも早い段階で実現させます」  歯科電解研磨機

 

■神奈川歯科大学/横須賀市稲岡町82/【電話】046・822・8751

http://teeths.fukuokablog.jp/e13331.html

コメント

コメントを投稿