« 就寝前、起床後の歯磨きは大事 | メイン | 歯科医にはこまめにかかったほうがいい »

2017年12月22日 (金)

同居者いるのに一人で食事する高齢男性、死亡リスク1・5倍に

同居者がいるのに一人で食事する高齢男性は、家族らと一緒に食べる人に比べ死亡のリスクが1・5倍に高まるとする研究結果を、東京医科歯科大などのチームがまとめた。チームでは、家族関係のストレスの影響とみている。 家庭用・歯科用超音波スケーラー

 調査は、全国24市町の65歳以上の男女7万1781人を対象に実施。2010年から約3年間追跡し、食事や世帯の状況と死亡の関連を調べた。

 このうち、同居者がいて家族らと食事する男性は2万9182人、同居者がいるのに一人で食べる男性は1645人いて、追跡期間中に死亡した人は、それぞれ1759人と156人。年齢や持病などの影響を差し引いたうえで死亡リスクを算出し、比較した。 エアーコンプレッサー

 チームによると、妻に先立たれた男性は家族内で孤立し、栄養や精神状態が悪化しがちなことも影響している可能性があるという。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1513841088

コメント

コメントを投稿