« 2017年11月 | メイン

2017年12月

2017年12月14日 (木)

脂肪幹細胞で欠けた骨治療 澁谷工業と金大が共同研究

 澁谷工業(金沢市)は、脂肪の幹細胞を使って骨の細胞を作り、骨の欠損治療に役立てるため、金大と共同研究に乗り出した。事故や加齢などで欠けた骨を人工骨で補うのではなく、生体に由来する幹細胞を活用することで治療後の人体への影響を抑える。来年夏ごろの動物実験を経て、将来的に、ヒトの整形外科や歯科分野での導入を目指す。歯科研磨機

 

 澁谷工業と金大は11月、共同研究に関する契約を締結した。歯科電解研磨機

 

 澁谷工業によると、骨の欠損治療は一般的に、人工骨や凍結保存された他人の骨を移植する方法で行われているが、骨の強度がもろかったり、アレルギーや感染症を引き起こしたりする課題が指摘されている。

 

 金大医薬保健研究域医学系整形外科学分野の土屋弘行教授らは、脂肪の幹細胞を基に平面状の骨の細胞シートを作製している。ただ、治療に活用するには立体的な3次元構造を持つ骨の作製が求められていた。

 

 澁谷工業は、再生医療用のバイオ3Dプリンターなど、無菌環境下で細胞の塊を培養して立体的な体内組織をつくる技術を持つ。

 

 土屋教授の基礎研究と同社の製造技術を組み合わせれば、3次元構造を持つ骨の作製などができると判断し、双方が共同研究に合意した。既に実施した検討実験では、脂肪の幹細胞から、新しい骨をつくる働きを持つ「骨芽(こつが)細胞」の塊の作製に成功したという。

 

 共同研究では、実験室レベルの微細な骨の細胞シートに澁谷工業の製造技術を活用し、多様な骨芽細胞の塊をつくる手順を確立する方針である。骨の欠損部分に粒状の骨の細胞を重ね、埋めるように補修する案も描いている。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13216.html

2017年12月13日 (水)

ワンタフトブラシの種類とは?

一本の筆のようになっている形状のワンタフトブラシですが、いくつかの種類があります。使用感や目的で使い分けてみるのもオススメです。歯科研磨機

 

(1)毛先の形状について

ワンタフトブラシの毛先の形態には同じ太さで先端まで生えそろった“ラウンド毛”と、先端に向けて細くなった“テーパード毛”があります。歯科電解研磨機

 

矯正装置の周囲や、八重歯など歯が孤立した部分、歯が重なり合った部分にはテーパード毛がオススメ。歯周ポケット内や補綴物(ほてつぶつ)の周囲を磨くなら、ラウンド毛がより使いやすいでしょう。

 

(2)毛の長さについて

ワンタフトブラシには毛の長さが通常のものと、長めのものがあります。大まかに分けると、短かめのものは清掃能力が高いので歯の表面の汚れを落とすのに有効。長めのものは、歯周病が進行した歯周ポケット内の汚れを落とすのに有効です。

 

(3)毛のかたさについて

他の歯ブラシ同様に、ワンタフトブラシも毛先がかたいほど清掃能力が高くなります。しかしゴシゴシと磨けば歯肉に傷を作ってしまったり、歯肉が痩せてしまうのも同じ。

 

特にインプラントなどの補綴物の周囲、出血や腫れなど歯肉に炎症がある場合は、柔らかめのものを使ったほうがよいでしょう。

2017年12月 7日 (木)

災害時の身元確認に歯科医派遣 横浜市と鶴見大が協定締結

 大規模災害時に歯型鑑定によって犠牲者の身元確認を迅速に進めようと、横浜市は市内で唯一歯学部がある鶴見大学(同市鶴見区)と歯科医師などの派遣協定を結んだ。 家庭用・歯科用超音波スケーラー

 横浜市によると、災害などで多数の死者が出た場合、各区のスポーツセンターを遺体安置所として使用する。同大は歯科医や歯科衛生士などの資格を持つ教授らを安置所に派遣し、歯型などを確認。得られたデータをかかりつけの歯科医院などに残る生前の記録などと照合し、身元特定につなげるという。各業務にかかる費用は市側が負担する。 エアーコンプレッサー

 歯は人間の組織で最も固いとされ、災害死など体表の損傷が激しいケースでも生前の状態を保っている場合が多い。締結式で、市健康福祉局の鯉渕信也局長は「今後も協力関係を深めていきたい」と話した。

http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40810463/

2017年12月 5日 (火)

人気の「次世代タバコ」だが 「歯茎が痛い」という人が増えた

「次世代タバコ」とも称され、その代表格である「iQOS(アイコス)」(フィリップ モリス ジャパン)はいまだに品薄状態が続くほど、その人気は依然として高い。紙巻きタバコに比べて、副流煙が少なく、周囲への臭いも気になりにくい。有害物質も9割ほど低減できるという加熱式タバコである。歯科研磨機

 

 このiQOSに加えて、「Ploom TECH(プルーム・テック)」(日本たばこ産業(JT))や「glo(グロー)」(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)等が近年製品化されており、主要タバコメーカーによる次世代タバコ競争が過熱している。歯科電解研磨機

 

 こうした次世代タバコは、従来の紙巻きタバコとは異なりタバコ葉を燃焼させないことから、有害物質である「タール」がほとんど出ないのが特徴だ。

 

 タールには発がん性物質が多く含まれ、特に紙巻きタバコのタールには人体に悪影響を及ぼす化合物が約200種類も含まれているとも言われている。一方の次世代タバコは紙巻きタバコに比べて健康被害が10分の1程度といわれており、次世代タバコにとって「大きなセールスポイント」とされている。

 

 それにもかかわらず、筆者が専門とする歯科治療の現場では、iQOSを吸い始めたことで歯科医院に飛び込んでくる患者が最近増加している。

 

 彼らの訴えは、「iQOSを吸い始めたら、歯茎が痛くなった。ひどいときには出血もある」「iQOSに替えたら歯周病になってしまった」といった具合である。

 

 なぜ、iQOSは紙巻きタバコと比べて“健康被害が少ない”と期待されたにもかかわらず、このような状況が起きているのか?

 

 これを考察するために、まず初めに紙巻きタバコと歯周病の関係について説明したい。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13177.html

2017年12月 4日 (月)

院長の資格をズラッと列記してある HPはなぜダメなのか?

 現実問題として、高額な自費診療を勧めたり、わざと治療を長引かせる歯科医もいるのだという。歯科研磨機

 

「口の中を見れば、その人が歯にどれくらい気をつかっているかは一目瞭然です。ろくに定期検診も行っていないとわかれば、足元を見てくる歯科医も残念ながらいます。なので、患者側もできる限りのケアをしておくに越したことはありません」(ナカタさん) 歯科電解研磨機

 

 日本人の歯に対する意識は欧米諸国に比べると低い。定期検診に行く割合は、北米が80%近くあるのに対し、日本は10%にも満たないという調査結果もある。そのため、歯医者を訪れる人は今すぐ治療をしたいというケースがほとんどだ。だからこそナカタさんは、「何も問題がない状態のときこそ、歯科医を探すチャンス」という。

 

「新規で歯医者を探す場合は、ひとまず歯の検診をするという名目で、予約してみてください。その際に、電話対応、受付の態度、院内の雰囲気などをチェックします。また、担当医との相性も重要です。信頼して話を聞けるかどうか、それはもう自分の好みで決めていいと思います」(ナカタさん)

 

 あくまで手がかり程度にしかならないというが、歯科医院のHPからも判断できる場合があるという。

 

「院長紹介のページが長すぎる歯科医院は、あまりオススメしません。よくわからない資格がズラっと記載されていて、一見すごそうに思いますが、実際には講習会に行っただけ、セミナーに参加しただけ、というような、見せかけの資格の場合もあります。一概にダメとは言えませんが、個人的には避けるようにしています」(ナカタさん)

 

 歯が痛み出してから探すのでは、遅すぎる。本当に治療が必要になる前に、複数の歯医者を回って、相性の良い所を探すのがベストだ。適当なところに決めたが最後、知らないうちに相場以上の治療費を払うことになりかねないのだから。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13162.html