« 「いい歯の日」に向け講演会 市歯科医師会が初開催 | メイン | 歯周病早期発見のために、定期検査とセルフチェックを欠かさぬようにしよう »

2017年10月30日 (月)

痛み止めが効かない…

(1)抜歯後2、3日経ってから痛みが増してきた

 

抜歯後の痛みは通常、抜歯直後がピークです。麻酔が切れた施術の2~3時間後が、最も痛みを感じるときだといえます。ドライソケットになってしまった場合は、麻酔が切れた瞬間よりも抜歯後2、3日経ってからのほうが強い痛みを感じるようになります。歯科研磨機

 

(2)痛みの程度がひどく、長引いている

 

痛み止めを飲んでもすぐ切れてしまう、痛み止めを飲んだのに効いているような感じがしないという症状がある場合は、ドライソケットを疑うことができるでしょう。「ちょっと痛いかも」といった程度ではなく、痛すぎて何も手につかないというような激痛が1週間以上続くこともあります。歯科電解研磨機

 

(3)飲食時に痛みがひどくなる

 

食べたり飲んだりするときに痛みがよりひどくなります。これは、ドライソケットによって骨が露出しているために起こります。食べ物や飲み物が神経部分に直接触れるわけですから、痛みも激しいものになると予想できます。

 

(4)悪臭がする

 

ドライソケットになると、抜いた穴から悪臭がします。口臭が強くなったなと感じたり、話している相手の表情が気になったりしたときは、ドライソケットの可能性を疑ってみることができます。

 

(5)穴がポッカリと空いて白っぽい

 

骨が露出しているため、抜いた穴が大きく空いていて内部が白っぽく見えます。通常なら血の塊ができてきますので赤~濃い紫に見えることが多いのですが、白っぽい影が見えたらドライソケットの可能性を疑うことができるでしょう。

http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2017/10/post-bd97.html

コメント

コメントを投稿