« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月 6日 (金)

「母子健康手帳」にアプリ導入の大きな効果

福井県小浜市は2日、母子の健康データ管理や情報収集を支援するサービス「母子健康手帳アプリ」を県内で初めて導入した。パソコンやスマートフォンなどに、健康診査の案内などが配信されるほか、妊娠・出産・育児に関するデータを専用サーバーでクラウド管理し、母子手帳の記載内容を携帯端末で確認できる。歯科研磨機

 

このアプリは通信料を除き利用無料。出産予定日や子どもの生年月日を登録する。定期健診、歯科検診、予防接種などの記録を入力すると、クラウド上に保管される。そのため災害などで母子手帳を紛失した場合、記載内容のバックアップになる。子どもの写真を添付した成長記録のメモも入力できる。歯科電解研磨機

 

また、登録者には妊娠週数や子どもの月齢に合わせ、定期健診などの案内が自動配信される。健康相談会や感染症の注意喚起情報も、市などを通じて随時配信される。

 

このアプリは、どの携帯電話キャリアでも利用可能。「母子健康手帳アプリ」で検索してダウンロードし、自治体名を「小浜市」に選択する。市外の人もアプリを取得できるが、自治体情報の随時配信はない。

 

運用が始まった2日には市健康管理センターで説明会があった。1歳の長女を連れて参加した市内の会社員女性(32)は「母子手帳のデータがスマホで見られるのは便利。健診などの日程管理にも活用したい」と話していた。

 

アプリは妊婦の支援活動などを行っているNPO法人「ひまわりの会」(東京)が普及を推進し、NTTドコモなどが運用。小浜市によると9月末までに、全国で15自治体が導入している。

http://teeths.fukuokablog.jp/e12869.html

2017年10月 5日 (木)

中区民限定 「口腔がん」の無料検診

 近年増加している口腔がんの早期発見・治療につなげてもらおうと、中区歯科医師会(池野雄二会長)が11月5日(日)、無料の口腔がん検診を行う。中区在住者対象。会場はJCHO横浜中央病院=中区山下町。歯科研磨機

 

 問診の後、口腔外科専門医と歯科医が実際に口の中を見て触診を行う。午前9時から午後0時30分。個別対応で所要時間は30分程度。「口腔がんは初期症状がほとんどないため、2週間以上治らない口内炎や、舌・歯肉の拭ってもとれない白斑などは要注意。この機会にぜひ検診を受けてもらえたら」と同会。歯科電解研磨機

 

 無料検診は先着30人。往復ハガキに〒住所、氏名、年齢、【電話】を明記の上、〒231―0055中区末吉町4の73の2海野歯科宛「口腔がん検診TN」係へ。10月20日必着。(問)海野歯科【電話】045・250・1181。

http://teeths.fukuokablog.jp/e12865.html

2017年10月 3日 (火)

本邦初!“現役歯科医が書き上げた歯科ミステリー”という衝撃作、七尾与史『歯科女探偵』が発売!

株式会社旭屋書店

旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!【旭屋書店主催イベント:著者出演インタビュー  歯科研磨機

 

旭屋書店では、10月21日から各店舗で“斬新×ミステリーな一冊"にて、作家・七尾与史の新刊『歯科女探偵』をご紹介&本書をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、『歯科女探偵』発売を記念し、七尾さん自身に、作品についてじっくりと語っていただきました。歯科電解研磨機

 

旭屋書店では、作家・七尾与史さんの『歯科女探偵』発売を記念し、著者インタビューを実施した。七尾さんといえば、2010年、「このミステリーがすごい! 」大賞での編集部推薦枠に入り、『死亡フラグが立ちました! 』でデビュー。「死亡フラグ」シリーズ、「山手線探偵」シリーズ、テレビドラマ化もされた「ドS刑事」シリーズで人気の推理作家だ。また同時に、現役歯科医でもある稀有な肩書きの持ち主である七尾さん。本作は、“現役歯科医が歯科ミステリーに挑戦する”という初の試みが詰まった一冊である。

 

本作は、主人公である美人歯科医・月城この葉が、周囲で起こる日常の謎や連続殺人事件に挑むミステリー。患者の歯を見て、人となりを見抜き、事件解決を図るという非常に斬新な内容だ。

「現実には有り得ないようなことですが、洞察力を以てすれば有り得ることです。その人の歯を見ると、生活形態とか性格とか精神面に至るまで、その人の色んなものが出てきます。例えば女性の部屋が凄い綺麗だとして、クローゼットを開くとそうではないのと似ていて、その人の闇が詰まっていたりするんです。」

http://teeths.fukuokablog.jp/e12861.html

2017年10月 2日 (月)

このほど会員288人で構成される(公社)相模原市歯科医師会の会長に就任した 井上 俊彦さん

 健診や診療事業を展開する相模原市歯科医師会。前会長のもと、専務理事として会を支えてきた。このほど役員の推薦を受け会長職に就任。当初は実感が湧かなかったが、歴史と伝統ある会を率いる責任感は日増しに強くなった。「口腔の健康と全身の健康の問題」が叫ばれ、国も本腰を入れる中、生まれ育った相模原の地で市民の健康保持・増進に取り組んでいく。歯科研磨機

 

 小さい頃は身体が弱く、高熱で学校を休むこともしばしばだった。風邪を引くと地域の診療所のほか「近くの魚屋に氷をもらい対処していた。今のようにコンビニが無かったので」。困っている人に手を差し伸べる、そんな自身が受けた経験が、苦しむ人のために働く「医療の道」へと進ませる一つの契機となった。その後、東海大相模高校を経て鶴見大学歯学部を卒業。研鑽を積んだ後、地元下溝で28歳の頃に開業した。今年で開業30年。歯の問題で苦しむ市民の頼れるかかりつけ医となっている。歯科電解研磨機

 

 小学4年で始め、現在も会のチームで汗を流すほどの野球好き。ポジションは内野手で、自身を「粘り強い打撃が特長」と評す。今は「診療後に練習して大会に臨んでるよ。怪我しないことが一番だけどね」。王・長嶋時代からの巨人ファンでもあり、職務の合間を縫っては球場へ足を運ぶことも。高校野球ももちろん要チェック。激戦区・神奈川で多くの優勝経験を持つ母校の活躍には鼻高々だ。

 

 超高齢化社会を迎える中、団塊の世代が75歳以上になる「2025年問題」への対応が喫緊の課題。自身も介護の経験を持つことから、特に「在宅歯科医療」により注力すべきと考える。だが在宅へのシフトには受け皿が十分でなく、訪問診療に対する市民への周知不足も課題と捉える。そのために「市や三師会と連携を密にし、会員と情報共有を図りながら地域医療の充実を図りたい」。市民の支えとなるべく、職責を全うしていく。

http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2017/09/post-03bd.html