« 歯科大中退炎上モデル・入澤優 模試「爆死」で医学部絶望か | メイン | 眠っているような状況で「苦痛の少ない」胃・大腸の内視鏡 »

2017年9月 1日 (金)

薦められた治療法を受け入れられない時はどうすべき?

もちろん、最初に診察を受けた歯科医からの診断に納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを取り入れて、別の歯科医にも念のため判断してもらうのも一つの方法。だからといってただ数多く診断してもらうのは、ただのドクターショッピング。「彷徨える患者」になってしまい、その間にさらに口内環境を悪くしてしまうリスクもあります。歯科研磨機

 

オススメは、歯科の場合であれば、上記のような判断基準に、患者である自分の希望を追加してもらうことです。例えば、「長持ちしなくても良いから取りあえず残して欲しい」。逆に、「不安要素はなるべく排除したい。耐久性、確実性を重視したい」などです。歯科電解研磨機

 

一般的には、抜歯で歯科医の意見が分かれるようなグレーゾーンの症状では、患者さんの思いによって診断結果が左右されることもあるもの。患者としての判断基準を新たに加えてもらうことで、最終的な判断に患者さん自身の考えを反映させることができます。

 

それでも抜歯の判定になった場合は、おそらく歯科医としては譲りにくいマイナスポイントがかなり大きいということでしょう。無理をして残してもメリットが少ないケースと考えた方がよいかもしれません。

http://teeths.fukuokablog.jp/e12708.html

コメント

コメントを投稿