« 眠っているような状況で「苦痛の少ない」胃・大腸の内視鏡 | メイン | 虫歯予防に効果絶大!デンタルフロスの正しい使い方を歯科衛生士が伝授 (一) »

2017年9月 5日 (火)

予備校関係者「正直かなり厳しい」

   そもそも、なぜ入澤さんは医学部に入学したいのか。本人はその理由を、ウェブメディア「モデルプレス」のインタビュー記事(5月10日配信)の中で明かしている。歯科研磨機

 

   記事の中で、入澤さんは「医学部は研究ではなく、有名になるために行きます」と断言。その上で、

 

「名刺が欲しくて大企業に入る人がいるように、聖マリアンナ医科大学に行ってる入澤優という肩書がほしいから、医学部に行きたいんです。そのためならどんな勉強だっていとわないです」

と語っている。歯科電解研磨機

 

   そんな入澤さんが明かした模試の結果について、ツイッターやネット掲示板では「真面目に勉強しているとは思えない」「このレベルから医学部とか無理ゲー」などと呆れる声が相次いでいる。

 

   実際、医学部受験に詳しい都内の予備校関係者は8月30日のJ-CASTニュースの取材に対し、「一つの模試の結果だけでは断言はできませんが」と前置きした上で、

 

「受験科目から見て、私大の医学部を目指しているようですが、正直かなり厳しいですね。ワンチャンあるかないか、といったところでしょう。これから相当努力する必要があります」

と話す。

 

   この関係者によれば、私大医学部の合格にはセンター試験で8~9割程度の得点が求められるという。そのため、今回の入澤さんの結果については「予備校によっては、医学部受験を諦めさせ、歯学部や薬学部を受けるように勧めるところもあると思います」としていた。

http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2017/09/post-28d9.html

コメント

コメントを投稿