« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月 7日 (木)

虫歯予防に効果絶大!デンタルフロスの正しい使い方を歯科衛生士が伝授 (一)

虫歯や歯周病予防のためにも、習慣にしたい“デンタルフロス”。
欧米では常識なフロスでのお手入れも、日本ではまだまだ浸透しきれていない様子。外国の家庭のように、小 さい頃両親から「こうやって使うのよ」なんて教わる訳でもなく、なんとなく使ってはいるものの完全に自己 流。正しい使用方法を知りたいという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は歯科衛生士の筆者が、デンタルフロスの正しい使用方法についてご紹介します。
デンタルフロスの種類とその特徴

各メーカーから様々な種類のデンタルフロスが販売されていますが、違いや用途をご存知ですか?
筆者おすすめのデンタルフロスについては、過去記事「初心者でも扱いやすい!“デンタルフロス”歯科衛生 士の愛用3つ」でご紹介しましたが、ここではデンタルフロスをタイプ別にご説明します。 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー
1:ワックスタイプ
一番ポピュラーなタイプのデンタルフロスで、指に巻き付けて使います。ワックス付きですべりが良いので、 “被せ物をしている歯の間”や“歯間が狭い歯並び”の方には特におすすめ。初心者の方にも使いやすく、ま ずはここから始めてほしいオーソドックスなタイプです。
2:アンワックスタイプ
すべりが良くないので慣れるのにコツがいりますが、虫歯による歯のざらつきなどわずかな変化に気づくこと が出来るので、トラブルの早期発見に効果的。玄人向きのタイプのデンタルフロスと言えます。歯科医院で衛 生士や先生が使うのもこのタイプ。
3:ホルダー付きタイプ
あらかじめ糸が張ってあるので、前歯などの歯間を清掃するのに便利です。最近は100円ショップでも購入でき てリーズナブル。個装された持ち運びにも便利なタイプもあり、ポーチに入れておくと、外出先でもさっと使 えて便利です。 超音波スケーラー用チップ
4:プラスアルファの機能付きタイプ
唾液などの水分を含むとスポンジのように膨らみ、汚れをキャッチするタイプ、香りがついていて使っている 間にふんわりいい匂いがするタイプなどが各種販売されています。
なかでも虫歯予防に効果的なフッ素付きのものは、歯と歯の間の虫歯予防に効果的です。

2017年9月 5日 (火)

予備校関係者「正直かなり厳しい」

   そもそも、なぜ入澤さんは医学部に入学したいのか。本人はその理由を、ウェブメディア「モデルプレス」のインタビュー記事(5月10日配信)の中で明かしている。歯科研磨機

 

   記事の中で、入澤さんは「医学部は研究ではなく、有名になるために行きます」と断言。その上で、

 

「名刺が欲しくて大企業に入る人がいるように、聖マリアンナ医科大学に行ってる入澤優という肩書がほしいから、医学部に行きたいんです。そのためならどんな勉強だっていとわないです」

と語っている。歯科電解研磨機

 

   そんな入澤さんが明かした模試の結果について、ツイッターやネット掲示板では「真面目に勉強しているとは思えない」「このレベルから医学部とか無理ゲー」などと呆れる声が相次いでいる。

 

   実際、医学部受験に詳しい都内の予備校関係者は8月30日のJ-CASTニュースの取材に対し、「一つの模試の結果だけでは断言はできませんが」と前置きした上で、

 

「受験科目から見て、私大の医学部を目指しているようですが、正直かなり厳しいですね。ワンチャンあるかないか、といったところでしょう。これから相当努力する必要があります」

と話す。

 

   この関係者によれば、私大医学部の合格にはセンター試験で8~9割程度の得点が求められるという。そのため、今回の入澤さんの結果については「予備校によっては、医学部受験を諦めさせ、歯学部や薬学部を受けるように勧めるところもあると思います」としていた。

http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2017/09/post-28d9.html

2017年9月 4日 (月)

眠っているような状況で「苦痛の少ない」胃・大腸の内視鏡

「ゲーゲーしながら涙目で耐えた」歯科研磨機

 

 胃の内視鏡検査を受けた大の大人たちから、こんな泣き言を何回聞かされたことか。歯科電解研磨機

 

 胃の内視鏡検査は胃がんや食道がん、また潰瘍やポリープの発見に有効だが、口もしくは鼻から直径9ミリほど(鼻の場合は6ミリ程度)の内視鏡を入れるため、「おえっ」と嘔吐(おうと)反射が出たり、痛みを感じることがある。

 

大腸の内視鏡も大腸がんの発見や予防に欠かせないが、肛門から入れるため、長くうねうね曲がった大腸の壁に器具が当たれば、痛みや違和感を伴いやすい。

 

 ところが近年は、こうした苦痛を取り除くべく、患者が麻酔で眠っているような状況での「鎮静下」検査を行う医療機関が増えてきた。とよしま内視鏡クリニック(東京都世田谷区)は、02年の開業時から「鎮静下」の検査を取り入れる先駆けだ。豊島治院長が、こう話す。

 

「初回が苦しいと『二度とやりたくない』とトラウマになり、検査を受けなくなってしまう。結果として、がんなどの発見が遅れ、命を縮めることになりかねません。胃も大腸も、内視鏡検査は一度受ければ終わりというものではない。その点、苦痛が少なく検査を受けられれば、定期的に受診することも容易になると考えています」

http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2017/09/post-d8f2.html

2017年9月 1日 (金)

薦められた治療法を受け入れられない時はどうすべき?

もちろん、最初に診察を受けた歯科医からの診断に納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを取り入れて、別の歯科医にも念のため判断してもらうのも一つの方法。だからといってただ数多く診断してもらうのは、ただのドクターショッピング。「彷徨える患者」になってしまい、その間にさらに口内環境を悪くしてしまうリスクもあります。歯科研磨機

 

オススメは、歯科の場合であれば、上記のような判断基準に、患者である自分の希望を追加してもらうことです。例えば、「長持ちしなくても良いから取りあえず残して欲しい」。逆に、「不安要素はなるべく排除したい。耐久性、確実性を重視したい」などです。歯科電解研磨機

 

一般的には、抜歯で歯科医の意見が分かれるようなグレーゾーンの症状では、患者さんの思いによって診断結果が左右されることもあるもの。患者としての判断基準を新たに加えてもらうことで、最終的な判断に患者さん自身の考えを反映させることができます。

 

それでも抜歯の判定になった場合は、おそらく歯科医としては譲りにくいマイナスポイントがかなり大きいということでしょう。無理をして残してもメリットが少ないケースと考えた方がよいかもしれません。

http://teeths.fukuokablog.jp/e12708.html