« かかりつけ薬剤師の効果に疑問、薬剤費削減額の2.7倍のコスト発生 | メイン | 実習模型にCGを重ね歯科手術のトレーニング MR技術を活用 »

2017年8月15日 (火)

歯医者のギモンを歯科医に直撃! なぜ途中で歯科衛生士に交代するの?

 なぜ30分区切りの予約制なのか。なぜ同時間帯に複数の患者を診るのか――。身近にありながら疑問も多い歯科。そんな素朴な疑問を、週刊朝日MOOK「いい歯医者2017 誰も教えてくれなかった歯科の選び方」が、実際に現場で活躍する歯科医に尋ねた。

 

Q:なぜ30分区切りの予約制なの?ホワイトニング機器

 

A:歯科といえば予約制。そしてなぜか「10時から10時半」というような30分区切りが多いようです。「病院は予約なしで行けるのに、なぜ歯科だけ?」という声もありましたが、予約制こそ「患者さんのためのシステム」なのです。

 

「今から40年前くらいまでは予約制もなく、患者さんは何時間も待たされていたんですよ」

 

 と話すのは、若林歯科医院院長の若林健史歯科医師です。確かにそうです。50代以上の読者なら覚えているかもしれませんが、歯科医院の待合室は常に満席。開院と同時に行っても、順番が来るのが昼ならまだマシ。ときには昼休みをはさんで午後になることも。歯面清掃用ハンドピース

 

「患者さんの時間をむだにしているのはもちろん、歯科医師にもむだが多かったはずです。患者さんが来たり来なかったりすると予定がたてられず、治療計画通り進めにくいですから」(若林歯科医師)

http://teeths.fukuokablog.jp/e12610.html

コメント

コメントを投稿