« 半年に1回歯科医院へ行く癖を/照山裕子お口の悩み | メイン | フィリップス ソニッケアーについて--Part2 »

2017年7月24日 (月)

加計側の依頼「なかった」…首相、適正さを強調

 衆院予算委員会は24日午前、安倍首相が出席して閉会中審査を行い、国家戦略特区を利用した学校法人「加計かけ学園」の獣医学部新設問題と陸上自衛隊の日報問題を巡って論戦が交わされた。

 

 安倍首相が加計学園問題について説明するのは東京都議選後初めて。首相が学部新設手続きは適正に行われたと強調したのに対し、野党は当初から「加計ありき」だったとして追及した。予算委は午後も引き続き質疑が行われ、25日には参院予算委で閉会中審査が行われる。歯科研磨機

 

 安倍首相はこの日の予算委員会で、加計学園理事長が長年の友人であることについて、「『李下りかに冠を正さず』という言葉がある。国民から疑念の目が向けられるのはもっともだ。今までの答弁でその観点が欠けていた。足らざる点があったと率直に認めないといけない」と述べ、これまでの自らの答弁ぶりを反省した。

 

 一方、理事長からは獣医学部新設の依頼が「全くなかった」として、国家戦略特区の学部新設手続き自体は適正に進められたとの考えを強調した。歯科電解研磨機

 

 大串博志氏(民進)が理事長と首相の親密ぶりを取り上げて追及したのに対し、首相は「政治家になる前からの友人」と述べ、特区手続きへの影響を否定した。愛媛県今治市での獣医学部新設は1月4日に事業者が公募され、加計学園が応募した。首相は学園の申請を知ったのは、「1月20日に(申請が認められた)国家戦略特区諮問会議だ」と述べた。

http://teeths.fukuokablog.jp/e12473.html

コメント

コメントを投稿