« 歯周病は全身の骨の 状況を知らせるサイン | メイン | どうすればいい? 歯並びが悪い部分の虫歯ケア »

2017年6月23日 (金)

堅いものを咬み過ぎず、でも回数多く咬んで!

かみ合わせを正常に!

 

虫歯や歯周病になるのは、歯垢(プラーク)だけが原因ではありません。実はかみ合わせのバランスが崩れていても、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。歯科研磨機

 

それだけでなく、咬み合わせが悪いと、上手に食事が摂れなかったり、歯がすり減ったり、歯並びが悪くなったり、顎関節に異常をきたしたり、とにかく色んな悪影響がお口の内外に出てきます。

 

それを防ぐ為にも、かみ合わせをキチンと診てもらえる歯科医院にかかって、かみ合わせのバランスを常にチェックしておかれることをお勧めします。歯科電解研磨機

 

堅いものを咬み過ぎず、でも回数多く咬んで!

 

歯も長く使い続けると消耗します。いくら歯が丈夫だからといって、極端に堅いものばかりを食べていると、当然、歯は傷みやすくなってきます。

 

しかし、咬むという行為は、頬っぺたの筋肉を動かして、脳の血流量を増やす働きをするとも言われています。だから、同じご飯を食べる時も、一口30回くらい咀嚼するようにするのが、お口の筋肉の運動にもなり、脳の血流も増えるので、大変お勧めです。

http://uraelo.tian.yam.com/posts/198037251

コメント

コメントを投稿