« ワンランク上の歯科診療をめざして | メイン | 堅いものを咬み過ぎず、でも回数多く咬んで! »

2017年6月22日 (木)

歯周病は全身の骨の 状況を知らせるサイン

「そこでオススメしたいのが玄米(3~5分づき米でも可)です。玄米の胚芽の部分には、ビタミンB群が豊富に含まれています。精米によって胚芽を含む糠の部分を捨ててしまうから、ビタミンB群不足に陥るのです。歯周病の方は、試しにカメラで自分の歯肉の色を撮影してみて下さい。そして3週間ほど玄米を食べ、また同じ条件で撮影してみてください。血色が変わります。玄米と同時に緑黄色野菜(小松菜等)など、ビタミン、ミネラルを豊富に含む食べ物を摂るとさらに明らかな変化が見られますよ」歯科電解研磨機

 

 もちろん「糖分を減らすのも効果的」だと言う。そもそも現代は、平均的食生活を送っていても糖分の摂りすぎに陥りがち。「甘いものを控える」「白米、パン、麺を控える」程度のことで糖分不足に陥ることはない。

 

 最後に、辻本院長はこう話す。歯面清掃用ハンドピース

 

「歯周病は、『このままだと、全身の骨が弱くなってしまいますよ』と身体が本人に送るサインなのかもしれません。全身の骨は目で見ることができませんが、歯や歯ぐきは骨の変化を観察できる唯一の場所なのです』

 

 もし玄米や、糖分の摂取を減らすことで歯周病が改善されたら、それは、全身の骨も甦りつつあるサインといえる。気になる方はぜひ、実践してみていただきたい。

http://teeths.fukuokablog.jp/e12265.html

コメント

コメントを投稿