« 口腔用液状医療機器「エピシル口腔用液」のライセンス契約締結-Meijiとソレイジア | メイン | 先天性欠如歯の場合 »

2017年5月23日 (火)

肥満や虫歯も生活苦が影響か…生活保護世帯の子供、厚労省が健康支援へ

厚生労働省は今年度、生活保護を受ける家庭の子どもに対する健康づくり支援に乗り出す。

生活が苦しい家庭の子どもほど肥満や虫歯が多く、生活習慣病を発症しやすいとみられる。子どもが適切な生活習慣を身につけるよう指導し、健康維持や将来の医療費抑制につなげる。

Saab®歯科手術用LEDライト・手術用照明器P103B(28w)

 想定では、自治体が乳幼児健診や学校健診を通じて、虫歯や肥満の子どもの存在や生活状況を把握。歯科レンチ式 〈1〉栄養のバランスが取れた食事の作り方を助言〈2〉食事を無料や低額で提供する「子ども食堂」の情報を提供――など、親への働きかけを行った場合、同省が費用の一部を補助する歯科手術用照明LEDライト

 生活保護を受けている家庭の子どもの健康は、都道府県や市町村の担当職員も把握できていない。同省は、支援の効果を検証し、将来的には支援事業を全国に広げたい考えだ。

関連記事

乳幼児の虫歯、健康格差が成長とともに拡大…東北大ら研究グループ

コメント

コメントを投稿