« 親知らず、抜くなら知っておきたい超基本 | メイン | フッ素で出来るむし歯予防 »

2017年4月28日 (金)

人気上昇!知られざる「成人矯正」の裏側

ビジネスシーンで人の第一印象を決定づけるものは、いったい何だろうか。名刺を渡すときに目につく爪や手元、髪型や肌なども重要だが、最も重要なのは、口元の清潔感だろう。歯の着色や歯列の乱れ、乾燥した唇、口臭などは、相手に生理的な嫌悪感すら抱かせかねないからだ。

では、具体的に何をすればいいのか。そこで、筆者がお勧めする5つの口元ケア法をご紹介しよう。まず、今すぐにできるのが、①唇の保湿だアマルガムミキサー 。これは、食後や誰かに会う前に行えばいい、手軽なケアだ。

とはいえ、ドラッグストアに行けば、さまざまな種類のリップクリームが売られている。どれを買うべきか迷うかもしれない。そんなときに最も頼れるのが“女性の口コミ”だ。会社の同僚や友達に、どの製品が良いか尋ねてみよう。それが恥ずかしければ、化粧品の口コミサイト「アットコスメ」で、評価の高いリップクリームを購入するのが正解だ歯科手術用照明LEDライト 。リップクリームの中には、一時的に保湿されるものの、うるおいが持続しないものや、つけ心地が合わない場合もあるため、ある程度のリサーチをしてから購入してほしい。

唇を保湿したら、次は歯の清潔感づくりだ歯科用ルートエレベーター 。基本となるのが、②ブラッシングを中心とした家庭でのケア。ただ、手磨きの場合、磨き残しがあることも多い。

歯科抜歯用ルートエレベーター(ペン式ハンドル)(1本入)

歯医者で「正しい歯磨き」を学ぶのも手

正しく歯を磨けているかどうか不安な人は、歯医者に行って「③PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥースクリーニング)」を受けてみるのも手。これは、きちんと歯を磨けているかどうかのチェックや指導、さらには専用器具を用いた歯の清掃を行うものだ。これを行えば、歯垢や着色汚れを除去すると同時に、正しい磨き方がわかり、さらには虫歯の発見・治療・予防ができる。

とはいえ、多忙なビジネスマンだと「丁寧に歯を磨く時間がない」という人もいるかもしれない。その場合は、高機能な電動歯ブラシに頼ろう。筆者の場合、朝起きてすぐの歯磨きには、フィリップスの「ソニッケアー」を活用。寝起きで頭がぼーっとしていても、歯にブラシを当てているだけで、就寝中に歯の表面に付着した細菌を除去してくれる。こうした電動歯ブラシは、ランチの後など、外出先での歯磨きでも活躍する。

その後、歯医者や専用サロンで、④オフィスホワイトニングという歯を白くする施術を行えば“口元の清潔感づくり”は完璧だ。

そして、もう1点チェックしておきたいポイントがある。歯列の乱れの有無だ。実は、若い頃は整った歯列でも、加齢によって歯が動いてしまうことがある。

関連記事

口臭が気になる人」に教えたい予防策5選

コメント

コメントを投稿