« 11月8日は「いい歯の日」。 | メイン | 自分の歯にレンズ埋め、移植して視力復活 »

2017年4月24日 (月)

食事直後に歯を磨くと歯が損傷するというのは本当か?

歯磨きの『常識』は間違っている?

食事の後の3分以内に歯磨きをする方が良いというのが今までの常識でした歯科手術用照明LEDライト 。しかし最近になって『すぐに歯磨きすることは良くないんじゃないか?』ということがテレビなどで言われるようになってきました。
食事をした後、口腔内は酸性度が上がり(phの低下)歯が脱灰してしまい、ミネラル質が溶出しやすくなります歯科レンチ式 。そうなると虫歯になりやすくなってしまうというわけです。
そうならないように人体は唾液を分泌し『歯の再石灰化』を促します口腔内照明器

その『再石灰化』するタイミングの時やその前に歯磨きつまりブラッシングをするというのは『歯を傷つけやすくなっている状態』で刺激を与えるわけですから、良くないんじゃないか?と、言われだしたわけです。

また、食事をした後にゆっくりしていると再石灰化の主役とされる唾液が多く分泌されるので、せっかく多く分泌されるのに、そのタイミングでの歯磨きは良くないんじゃないか?という意見があったりします。

COXO®歯科用照明器具CX249-7 6本LED冷光

歯磨きをする良いタイミングはいつか?

ではいつ頃が良いのかというと、食後の酸性の口腔内の状態から、中性に戻る時間が30分ほどなので、その後に磨くと良いという意見があるらしいです。
食前に歯磨きする方が良いのではないかという意見もあるみたいですし『歯磨きのタイミング』必ずしも絶対こうでなければならない!!とは言えないかもしれませんね。

関連記事

不要な入れ歯回収でボランティア

コメント

コメントを投稿